リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術

リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術

Add: ebyfusi52 - Date: 2020-12-11 22:43:49 - Views: 3335 - Clicks: 3158

1 Description: 459, 図版 12 p : 挿図 ; 26cm Authors: 金村, 聖志 Catalog. リチウムイオン二次電池の開発初期には、大きな起電力を獲得できる可能性があることから、金属リチウムが検討されていました。 しかし、充放電を繰返すと負極上に樹状の金属リチウム(デンドライト)が析出し、電池の寿命が非常に短いだけでなく、短絡する危険性もありました。そのため、実用化には到りませんでした。 Li+ + e– → Li E0=-3. 矢野経済研究所は、東洋システムと共同でiPhone用リチウムイオン二次電池(LiB)を解体分析した結果を発表した。iPhone 7用と比較して、iPhone 8用LiB. リチウム イオン デンチ カツブッシツ ノ カイハツ ト デンキョク ザイリョウ ギジュツ. 活物質、導電助剤、バインダを高精度で均一分散する技術を独自に開発。イオンと電子の流れをスムーズにするとともに、高密度充填を実現しました。 塗布技術. リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術 フォーマット: 図書 責任表示: 金村聖志ほか執筆 言語: 日本語 出版情報: 東京 : サイエンス&テクノロジー,.

スマホ向けのバッテリーや電気自動車向けバッテリーを始めとしたリチウムイオン電池において、更なる高容量化、高電圧化、高エネルギー密度化に向けて、各企業で様々な研究開発が進められてい. 04V 現在、負極活物質としては、主としてグラファイト(黒鉛)、ハードカーボンおよびソフトカーボンなどの炭素系物質を中心に使用されています。. · アスタミューゼ株式会社のプレスリリース(年12月14日 15時48分)次世代エネルギーを支える蓄電技術!世界の最新動向を.

1 正極 3; 第1部 1. 1 穿孔技術開発 2. サイエンス&テクノロジーの書籍:リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術の製品カタログをダウンロードできます。~材料・合成技術と電気化学特性データ解析・評価~ ~新規活物質の特性改善と課題解決への指針~ 。イプロスものづくりでは製品・サービスに関する多数の. リチウムイオンバッテリー(LIB)よりもさらにエネルギー密度の高いバッテリーの開発を目指し、国内外で研究が進む。国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS)が力を入れているバッテリーのひとつが、LIBの数倍から5倍のエネルギー密度を実現できるという「リチウム空気電池」だ。8月.

リチウムイオン電池には,正極および負極活物質に Li酸化物,黒鉛など数多くのセラミックス材料が用 いられている。図1に現在の代表的なリチウムイオン 電池の電極の断面図を示した。正極はリチウムを含む 酸化物粉末(LiCoO2,LiNiO2,LiMnO2など)が,導. リチウムイオン電池の正極活物質(正極材)とコバルト酸リチウム(LiCoO2:LCO)の反応と特徴. More リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術 videos. リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術 金村聖志ほか執筆 サイエンス&テクノロジー,. ミクロンオーダの管理を行うことで、活. 3 独自の光学設計と新型スキャナ 3 レーザ穿孔電極を用いたリチウムプリドーピングプロセスと電池製造技術 3.

東芝は、負極材料に炭素系材料ではなく酸化物系材料としてチタン酸リチウム (lto) を採用したリチウムイオン二次電池「scib」を開発しており、これは安全性が高く、低温特性に優れ、約6,000回以上の充放電サイクルが可能であるとされる 。. リチウムイオン電池 セラミック材料とその技術は今日のリチウムイオン電池にとって不可欠な構成要素であり、今後も重要な役割を果た していくでしょう。フラウンホーファーiktsは、基礎研究の成果を迅速に産業プロセス開発に移管できるようパイロッ. -目次- 第1部 リチウムイオン電池の高エネルギー密度化に向けた活物質及び電極形成技術の開発指針 金村聖志; 第1部 はじめに 3; 第1部 1.

リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術 ~材料開発、合成プロセス、組成・粒子形状制御・合材調整等の検討とその特性データ評価結果から読み解く正極・負極材開発指針~. サイエンス&テクノロジーの書籍:リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術の技術や価格情報などをご紹介。~材料・合成技術と電気化学特性データ解析・評価~ ~新規活物質の特性改善と課題解決への指針~。イプロス製造業では技術書・参考書など製造技術情報を多数掲載。. 1 形態: 459, 図版 12 p : 挿図 ; 26cm 著者名: 金村, 聖志 書誌ID: BBISBN:. リチウムイオン電池の場合、負極にリチウムイオンを含まない炭素材料を用いるため、正極材料にはコバルト酸リチウム(LiCoO 2)、ニッケル酸リチウム(LiNiO 2)、マンガン酸リチウム(LiMn 2 O 4)等のリチウムイオンを含む遷移金属酸化物が正極活物質として用い. 以上、電極材料の説明をさせて頂きました。他にもセパレーター、電解質、固体電解質も非常に重要なリチウムイオン電池の構成材料として挙げられます。 4.gsアライアンス株式会社でのリチウムイオン電池用材料や次世代型二次電池への取り組み. 現在のLiイオン電池用電極の研究では、高エネルギー密度材料の探索が中心です。正極に関しては、高い電池容量の材料や、LiNi 0. リチウムイオン電池の電気計測ハンドブック 6 hioki e.

リチウムイオン電池の電極テクノロジー 分散技術. 1 形態: 459, 図版 12 p ; 26cm 著者名: 金村, 聖志 書誌ID: BBISBN:. ・大容量電池を実現可能な有機二次電池正極活物質 ・理論計算を活用した分子設計 ・複素環や縮合芳香環を有する医薬品の中間体や機能性材料の開発 ・二次電池関連材料の開発で培った技術も取り入れた、有機材料、無機材料(金属酸化物も含む)の開発支援. リチウムイオン電池の主な構成材料に関する技術の概要を以下に述べる。 (1)正極 リチウムイオン電池の正極に使用されている正極活物質は主に遷移金属酸化物のリチウム.

2V vs Li + /Li)が使用されています。. Bib: BBISBN:. 1Vなので、界面で接触しているカーボネート系有機溶媒の還元的分解が発生します。 負極と電解質溶液との界面に、リチウムアルキルカーボネートやリチウム塩からなるSEIが生成します。 SEIの生成によりリチウムイオンが消費されるため、初回放電容量は初回充電電気量を下回ります(初期充放電効率の低下)。この時失った電池容量を「不可逆容量」と呼びます。 SEIが負極/電解質溶液界面を覆って被膜を形成すると、負極活物質と電解質溶媒が接触し難くなるため、分解速度は大幅に低下します。また、被膜の堆積により内部抵抗が上昇し、作動電位が低下していきます。 次回のこの連載コラムでは「炭素系以外の負極活物質」について解説します。 (日本アイアール株式会社 特許調査部 Y・W). See full list on engineer-education. リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術 リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術 Format: Book Responsibility: 金村聖志ほか執筆 Language: Japanese Published: 東京 : サイエンス&テクノロジー,. 年1月30日発刊書籍 『リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術』LiB高性能化に向けた今後の正極・負極活物質.

2 シリコン系負極に適したレーザ連続穿孔技術 2. サイエンス&テクノロジーの書籍:リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術の技術や価格情報などをご紹介。~材料・合成技術と電気化学特性データ解析・評価~ ~新規活物質の特性改善と課題解決への指針~。. 現在のリチウムイオン電池電極シートは、活物質、導電助剤、高分子バインダー、および有機溶媒か らなる電極スラリーから作製されています。. リチウムイオン電池活物質の 開発と電極材料技術 ~材料・合成技術と電気化学特性データ解析・評価~ ~新規活物質の特性改善と課題解決への指針~. 電池の高容量化には一酸化ケイ素を負極活物質に用いることが有望であるが、ケイ素は充放電に伴うリチウムイオンの取り込みと放出で300 %以上の体積変化が生じるため、活物質、導電助剤、結着剤からなる電極構造が維持できなくなり劣化してしまう。.

5 O 4 (図2)のような高電圧で作動可能な材料が開発中です。. 著者より 電池性能の向上には、高いエネルギー密度を発生する電極活物質の開発や、電池材料における高速イオン伝導の実現などが必要とされているが、これら電池材料内部の特性のみならず電池材料を接続する界面もまた電池性能を大きく左右する。. 「インターカレーション」とは、層状化合物の層間にイオンや分子が電子を授受しながら挿入される反応を指します。電子の授受を逆向きにすることにより、層間に挿入されたイオンや分子が脱離します。 リチウムイオン二次電池ではインターカレーションを利用しています。 充電では、負極でリチウムイオンのインターカレーションが、正極では脱インターカレーションが起きています。放電では、その逆反応が起きています。 電池容量を大きくするためには、リチウムイオンの挿入脱離ポイントが多いほど好ましいことになります。 また、インターカレーションが起きると電極活物質は膨張し、脱インターカレーションが起きると収縮します。高サイクルで充放電が可能とするためには、この膨張収縮を小さくすることが重要となります。.

第1部 :活物質の表面被覆・改質技術と電極特性の向上 今後も大きな成長が見込まれる二次電池の分野では、高性能化や低コスト化のみならず、安全性や信頼性、耐久性の確保が求められる。. 既存材料を改良 3; 第1部 1. リチウムイオン二次電池に使用される電解質媒体には、リチウムイオン伝導性に優れ、かつ充放電時に電気化学的に安定である(酸化還元されない、電気分解しない)ことが必要です。 ある電気化学系(電極、電解質、媒体からなる電池など)が電気化学的に安定に存在できる作動電位の範囲を「電位窓」と呼びます。 通常、リチウムイオン二次電池の電解質媒体として使用されるカーボネート系有機溶媒の電位窓は、1~4V vs Li+/Liです。 負極の電位(vs Li+/Li)が1Vを下回るとカーボネート系有機溶媒は還元的分解が起き、正極の電位4Vを上回ると酸化的分解が起きます。 このとき生成する分解生成物、さらにその反応物からなる物質を”SEI”と呼びます。SEIは非電子伝導性です。 負極がグラファイトの場合、初回充電時の負極電位は約0. 1 レーザ穿孔電極を用いた電池構成.

実用化されているリチウムイオン二次電池の多くは、正極活物質として遷移金属酸リチウム(平均電極電位~4V vs Li + /Li)、負極活物質としてグラファイトなどカーボン系材料(平均電極電位0. 2 従来のレーザ加工技術について 2.

/36 /164-baa89cd3 /589947/11 /7fb28e3e-88

リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術

email: ysywadi@gmail.com - phone:(724) 112-3526 x 4966

高音質保証!麻倉式PCオーディオ - 麻倉怜士 - 年後の市場予測

-> 変革の中の弁護士 下 - 宮川光治
-> 四季 - 李恢成

リチウムイオン電池活物質の開発と電極材料技術 - 山岳写真の探究 日本山岳写真協会創立 周年記念出版


Sitemap 1

図説・2級 土木施工管理技士試験 合格講座<13訂版> - 土木施工管理技士受験研究会 - 黒沢政夫 実務印紙税